会長挨拶

尾道ロータリークラブ会長
木曽 昭彦

「2017年 活動方針」

2017~18年度RI会長 イアン・ライズリーさん(オーストラリア サンドリガムRC)のテーマは、“ROTARY:MAKING A DIFFERENCE ロータリー:変化をもたらす”です。「ロータリーとは何ですか?」という問いに、「ロータリー:変化をもたらす」というテーマで答えます。ロータリーには、112年の豊かな歴史があります。この間にロータリーは、根底にあるものは同じですが、徐々に成長し、成熟し、会員と地域社会の変わりゆくニーズに対応しながら、ある意味で大きく変わりました。各ロータリークラブが、ロータリー奉仕を独自に定義する事が、かつて無い程重要になって来ております。これまでよりも柔軟に、クラブの例会、活動、発展の方法を決定でき、また、もっと多くの女性や多様な会員を迎え入れて、地域社会の特色をクラブに映し出す事に力を注いでいかねばなりません。長期の計画、持続可能な奉仕、全レベルでのリーダーシップの継続性を重視する事で、ロータリーが世界有数のボランティア組織であり続ける事を目指すと言われています。

2017~18年度2710地区ガバナー藤中 秀行さん(岩国中央RC)の方針として、「時代の変化の先頭に立とう!! ロータリーの心で地域の創生を!!」を掲げられました。ロータリーの理念をしっかり踏まえた上で、クラブ運営の柔軟性を理解し、活用して地域に根ざした活発な奉仕活動を展開しましょう。そしてロータリーの明るい未来を築く為に、地区と各クラブの戦略計画委員会の交流と連携を推進しましょうと言われています。

以上を踏まえて、尾道ロータリークラブの今年度の方針としましては、“四つのテストを基本精神とし、クラブ運営のより柔軟化”、“守れる命は、自分で守る…(ひいては、自分の身近な人の命も)”とします。

ロータリー:変化をもたらす

2017年度RIテーマ

具体的な活動方針としましては、

  1. 第1例会に「四つのテスト」を歌う事及び「ロータリアンの行動規範」の斉唱の踏襲
  2. 癌(3大疾病を含めた)予防に関する卓話を、少なくとも<1回/3か月>行う(関心が薄れぬよう、時々、臨時卓話も考慮する)
  3. 楽しい例会運営の為、より多種、多様な方の卓話を企画する
  4. 各テーブルの固定化を予防し、より色んな会員との会話を促進する為、第1例会の着席をくじ引き制とする。尚、各委員長、理事の席は、従来通り固定制とする
  5. 会員増強に努める(特に、女性、多様な職種の方)
  6. 子ども学芸の旅への援助は、踏襲する
  7. 多忙な方の欠席に、より理解を示す
  8. 例会開催は、月2回以上を原則とし、取り消し等の運営を、よりファージーに行う。また、会員間の親睦を深める為、夜間例会の回数を増やす(例えば、第4ないし第5例会を、夜間例会とする。但し、通常の例会行事は卓話も含めて、時間を40分以内に短縮し、速やかに懇親会に移行する→国際ホテルなら、ビアガーデンとか・・・)
  9. 以下に提案するmake-up の獲得をポイント制にし、必要な時に使えるようにする
  10. ガバナー支援委員会での広島等の出張、PETS&地区チーム研修セミナー、地区研修・協議会、地区指導者育成セミナー、地区大会、IM 、理事会等の出席は、従来通りmake-up 該当である→出席証明書等は、事務局に提出して下さい
  11. インフォーマル・ミーティング、RLI、研修会、各委員会の1時間を超えたミーティング出席者(夜間も含む)を、make-up 該当と認める
  12. 楽しいロータリー・ライフの為、各種同好会の企画、持続を目指す。(尚、出席者をmake-up 該当と認める事により、参加を促す事も考慮が必要)
  13. 上記12,13に該当するも出席証明書が無い場合は、事務局にmake-upの申請書類を提出して下さい。(申請書類は準備をしておきます)理事会で審査をし、適格と認められれば、ポイントを供与します
  14. ポイントの有効期間は、2017~2018年度内とします
  15. 尾道RCのE-クラブ利用によるmake-up を、より簡単に行えるようにする
  16. 三原RCとの“合同例会”を、年1回程度の頻度で、夜間例会として行う
  17. ガバナー支援委員会と協力し、吉原ガバナー・エレクトをしっかりと盛り上げる
  18. 2017~18年度の総括として、2018年6月24~27日の国際ロータリー第109回年次大会(カナダ トロント)に、理事、執行部をはじめとし、出来るだけ多くの会員の参加を募り、村上 清司氏を団長とした尾道ロータリークラブのグループとして参加をし、吉原ガバナー・エレクトの面目躍進を目指す

以上挙げた項目を一つでも多く実現さすべく、皆さんのご協力を得て、邁進していく所存であります。